特別企画のご案内 2016.06.19

第三章 信仰を貫いた戦国の義人 高山右近

fuse_kanbe(f)310 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にも登場し、黒田官兵衛を信仰に導いたキリシタン大名高山右近。戦国動乱の世に神の国を建設すべく、神学校や天主堂を数多く建設した。しかし禁令の試練が訪れ、領地没収、国外追放の憂き目に合う。キリスト信仰を貫いたその先に彼が見据えていたものとは何だったのだろうか。この特別企画では、禁令に翻弄されたキリシタン大名を取り上げ、彼らが信じていたイエス・キリストの魅力に焦点を当て、聖書の真理に迫ります。

~~~ ご 案 内 ~~~          〈大きい画像〉

日 時 3月20日(日)午後2時30分より
場所:布施キリスト集会
講師:岡本安司 氏

〈講師プロフィール〉

1950年大阪生まれ。2005年大阪大学の職員として奉職の後、キリスト伝道者となる。現在、日本各地はもとより、韓国、ネパール、カンボジア等の東南アジアにて活躍。共著『世界の流れを読む』(2011年、風行社)第6章「ネパール・レポート」執筆。