創世記ノ-ト(5)光とやみの区別
神はその光をよしと見られた。そして神はこの光とやみとを区別された。 創世記1:4
神によって多くのものが区別されたことを、この創世記1章は記しています。1:4では光と闇、1:6では大空の上と下の水、1:14では昼と夜、1:15では再び光と闇(昼と夜)が区別されています。
そしてそこには明らかに何かを示す重要なことが隠されているようです。
暫く前に私はこの事から、直接区別という言葉は使われていませんが、もっと大切な区別の事を教えられました。創世記1:9~12にはすべての植物が、1:20~25では海の巨獣と水に群がりうごめくすべての生き物、翼のあるすべての鳥が、そして地の生き物、すなわち家畜、はうもの、野の獣が種類にしたがって造られています。
そこには区別と言う言葉が10回も使われています。
しかし、人間だけは種類にしたがって造られず、神ご自身のかたちに創造されたと明らかに書かれています。
そして私はこれこそが最も重要な区別であると受け止めています。すなわち人間は、動物から進化したものでは無いと言う事です。
この区別は別の言葉で表現すると、あるものとあるものの間に神は、絶対に越えてはならない溝または淵のようなものを置かれたと言う事では無いでしょうか。
そしてその事に敵対する悪魔は、あらゆる手段を用いてその区別を破壊し、取り除こうとしています。
その一つのものが進化論であり、多くの人がこの学説によって迷わされています。そこから出てくる一つの重大な事は、現代の社会における、あるいは教育においての真の生命の価値評価観の喪失、また誤解では無いでしょうか。
勿論過去においても皆無とは言えませんが、今日ほど知識が増しているにもかかわらず人の命が軽視され、かつ、その尊厳さが忘れられている時代は無いのではないかと思います。
あまりにも簡単に他の人の命を奪ったり、自殺に走る事の悲しさ。そこには何か重要なものが見失われていると言う感じがします。
しかし、人間の命の尊さと尊厳さをほんとに正しく知るためには、何が必要なのでしょうか。
言うまでもなくそれは創造主の権威あることば、すなわち不変の真理と言われている聖書に聞く以外にはありません。
「また聖書か。」と言われる前に、一度それを読まれる事を心から願ってやみません。今日の世界では、多くの事が誤解され、また、誤って考えられています。
その一つに、区別と差別と言うことがあります。差別という言葉を辞典で調べてみますと、次のように説明されています。
“ちがい。けじめ。分けへだて。また、不当な区別。”
このうちの、“ちがい“と“けじめ”は何の問題もなく使われる言葉ですが、“分けへだて”と“不当な区別”は良い意味では使われません。
では区別はどうでしょうか。この方は辞典では次のように説明されています。
“別々に分けること”“さべつ”“けじめ”
この二つの言葉には、双方に共通点もあるようです。
ですから、問題はその言葉を何処で、どの様に使うかと言う事に関係があるようです。従って良い意味に使えば問題は無く、悪い意味に使うと、問題になると言う事です。光と闇を区別された神は、良い意味において、様々なものを区別されますが、人々がよく問題にするのは、信者と不信者に対する区別です。
神は決して人に差別をつけておられません。神の前における人間は、すべて平等です。神の前には、重度の障害を持っている人の価値も、健全なからだを持って生きている人も、その存在の価値は変わりません。
ですから、神は罪深い人間の救いのためには、すべての人のために全く平等の救いの代価として、御子イェス・キリストの命をお与えになられました。

そして、キリストを信じた者には、神の子となる特権をすべての人に与えられます。
しかし、信じない人には、確かに厳しい裁きが下されますが、それは差別ではなく区別です。
よく人々はキリスト教の考え方は狭く、仏教の方が広いと言われます。何故なら、キリスト教では、罪を悔い改めてキリストを救い主として信じない人は滅びると言うが、仏教では誰でも死んだら仏になって極楽に行くのだからと言います。
それが、釈迦と仏教本来の教えであるかどうかは分かりませんが、もしそれが事実だとすれば、すべての人がそれで納得し、また満足するでしょうか。
有り得ないと思います。
自分の愛する一人子を殺されて、殺した人が悔い改めもせず、また裁きにも服さなかったとしたら、被害者の家族はそれで満足するでしょうか。
しないと思います。
罪は必ず罰せられなければなりません。悪がさばかれてこそ公平です。
ですから、聖にして義であられる神が罪を裁き、善と悪の区別をなさるのは当然です。
また、この世の裁判ではすべてを完全に裁く事は不可能です。人には限界があり、人は人の心の中を完全に知ることも出来なければ、その動機のすべてをも知り得ません。
故に、全知の神以外に正しく公平な裁きが出来ないのは当然です。
また、一度殺された人に、人間にはもう一度命を与えて生かす事は、絶対に出来ません。
しかし、神は、永遠の世界において、すべての人に公平で、かつ正しい報いを与える事の出来るお方ですから、それが出来ます。
これが理解出来ますと、神のなさる事はすべて正しく、素晴らしいと言えるのです。

「結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。
神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。」 伝道者の書12:13~14